郵送と出張による買取|不要な古書を買取に出して高額収入のチャンス!

不要な古書を買取に出して高額収入のチャンス!

郵送と出張による買取

本を持っている男性の手元

どこの業者に買取を依頼するかもそうですが、どんな方法で買取に出すかも考えておきましょう。
先ほど紹介したように、古書の買取も店頭でお願いすることはできるのですが、みなさんの家から遠かったり、買取に出したい古書の冊数が多かったら不便ですよね。
そこで、買取の方法として最近よく利用されている「郵送」と「出張サービス」についても覚えておくといいでしょう。

まず郵送による買取ですが、買取業者に不要な古書を郵送して査定してもらうという方法です。
郵送による買取であれば、みなさんが店舗にまで移動する必要はありませんし、どれだけ買取に出したい古書の冊数が多くても持ち運ばなくて済みます。
郵送した古書が業者の手元に届き次第査定をおこなってもらうことができますし、結果が出れば電話やメールで連絡してもらえます。
もし買取価格に納得がいかない場合は、買取をキャンセルすることもできますので安心してください。
ただ、この方法だと郵送というカタチを取っている以上、どうしても買取が成立するまでに日数がかかってしまいます。
また郵送中に古書が傷ついてしまうという可能性も大いにありえるので、その辺を考えたうえで利用するかどうか決めましょう。

もうひとつの買取方法が出張サービスを利用することです。
これは買取業者がみなさんの自宅に直接訪問し、その場で買取査定をおこなってくれるというものです。
こちらも郵送同様に、みなさんが店舗へ行ったり、古書を持ち運ぶ必要がありません。
郵送の準備をすることもないと考えれば、3つの買取方法の中で最も楽な方法と言えます。
しかし、この方法にもデメリットがあり、出張サービスによる買取を依頼した場合、買取査定に納得がいかなくてもキャンセルできないことが多いのです。

どの買取方法にしてもメリットとデメリットはありますので、みなさんに一番合っている買取方法を選びましょう。